Rocket Bunny(ロケットバニー)とPandem(パンデム)のエアロパーツは独創的かつこだわり抜いた造形美で国内外から高い評価を得て圧倒的な人気で支持されているブランド。現行のフォルムを崩すことなくカスタムとの絶妙なバランスでその存在感を際立つ。個性的な存在感を見せつけるならRocket Bunny(ロケットバニー)のレーサースタイルが間違い無し!
そんなRocket Bunny(ロケットバニー)とPandem(パンデム)のパーツが使用されている装着車両を紹介していく。

Rocket Bunny(ロケットバニー)・ラパン

tra_05_l

軽自動車でも圧倒的な存在感を見せる。フロント面に重きを置き、全面へスリットダクトを採用してバンパーサイズを変えることなくパネル面積を増している。フロントグリルと相まって、押し出しの強いフェイスとなっている。

BMW3代目3シリーズ(E36)クーペ

01-3-1200x800

東京オートサロンに出展されたPandem(パンデム)のエアロを使用したBMWとなる。Pandem(パンデム)のエアロはビス止めにこだわり80年代スタイルを見事に演出している。

PANDEM NISSAN R35 GT-R

roketto1-0

こちらも東京オートサロンに出店されたPandem(パンデム)エアロを使用したGT-R。エアロを装着したことにより更にインパクトあるフォルムへと変貌。

ほかにも多くRocket Bunny(ロケットバニー)とPandem(パンデム)のパーツを取り付けたカスタムカーがあるのでまた次回に紹介していきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です